2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沈まぬ太陽
沈まぬ太陽。

昭和の激動時代

高度成長期を支えた男の生き方を軸に

日航機事故のリアルさを肉付けし

政官癒着と贈収賄を絡ませた

日本におけるサラリーマンの悲哀を描いた作品である

強い男がいて

切れる男がいる

耐える男がいて

騙す男がいる

翻弄する男がいて

妬む男がいる

陥れる男がいて

冷静な男がいる

弱い男がいて

豹変する男がいる

そんな男の生き様を家庭の一員という側面からも捉え

社会の歪みの中で信念を貫くことの難しさを表現している

原作:山崎豊子

監督:若松節朗

脚本:西岡琢也

主演:渡辺謙


欲を言えばもうひと踏ん張りほしかった感が残る

4時間になっても(諸事情が許さないんだろうと察するが)

ストーリーの軸を掘り下げてほしかった

ボリュームがありすぎてまとめるのに苦労したのだろうが

焦点がぼやけてしまったのは否めない

内容を詰め込んでいるので飽きさせずにラストまで引っ張れるし

中盤でインターミッションを挟んでいることもあり

長さを全く感じさせない仕上がりになっている

エンディングで流れる福原美穂の「Cry No More」がとてもいい

聴いているとストーリーが出演者とスクランブルするようで

久しぶりに心の奥にストンと落ちていく曲に出会った
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。