2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイガール ~第一話~
Pleasure To Live With You …

The 1st Day : さようならとこんにちわ

ポストを見るのを止めたのはもう3年も前のこと

菜の花畑の散らばったこんな田舎町に越してきた意味も

今では忘れてしまった

付属の大学に通う彼女と出会ったのは高校に入って間もなくの頃…

あの時は4つ年上のこの人に本当に手が届くなんて

思ってなかった…

突然留学が決ったからと僕のもとを去っていったときも

僕は待っているからと

いつまでも待っているからと3年間手紙を書き続けた

返ってこない返事を待ちながらいつしか待つことをあきらめた今も

この想いを完全に消しさることができずにいた…
写真スタジオでカメラアシスタントとして働く僕は

ある日届いた突然すぎる彼女の訃報に驚く

信じられない思いでいる僕の前に現れたのはひとりの女の子

その女の子が僕の子供だと言われても信じられない

そんなとき僕が彼女に出した手紙を渡された

箱に入った僕が3年間出し続けた手紙

それには彼女からの出すことのない僕への返事が添えられていた

そう…一通一通すべてに返事が…

そこには彼女の本心があったんだ

「 留学を決めたのは本当は勉強したいからでも

 なりたいものがあったからでもなく…

 コハルがいるってわかった時は本当にうれしかったけど

 君には言わないって心に決めた…

 君はまじめな人だから知ったらきっと

 制限される日々の方を自ら選んでしまうでしょ?

 だから言わない…

 心配しないで  大丈夫だから  

 全然大丈夫だから…」

「 嘘…

 怖いよ

 自信なんて少しもない

 寂しいよ 正宗くん… 」


僕は誰よりも彼女の優しさを知ってたくせに…

彼女の弱さをちゃんと知ってたはずなのに

二度と彼女に謝ることすらできない

もう彼女に逢えない…


小さな体にかかえきれない寂しさを抱きながら

コハルちゃんがママと離れて生きていける方法を教えてという

答えられない僕は言葉につまってしまった

ただ僕はコハルちゃんと同じ気持ちをもっている

そしてこれからコハルちゃんが送ろうとしている日々を知っている

同じ気持ちをもっているなら…

二人でいるなら…

僕はコハルちゃんに言っていた

「一緒に暮らしてみませんか?」


次週につづく
Secret
(非公開コメント受付中)

はろはろぉ~v(。・ω・。)v

マイガール たまたま お家帰ってテレビ付けたらやってたんで 観れたんだよねぇ♪

あのくらいの時間ぢゃないとみれないから 調度いいよ♪

原作って漫画なの??
あれね
女の子が反則的にかわいぃから 色んなもんが 許せちゃうよねぇ(*´∀`*)

No title
はろはろぉ~v(。・ω・。)v

マイガール よかったよね♪
原作は佐原ミズの漫画ですー
漫画がまた泣けるんだってー

そうコハルちゃんのかわいさにもえーーー(*´∀`*)

あの子自分がかわいいってわかってるよね?
すえおそろしいわ…

今こっちかみなり鳴ってるよ?
うきゃっちのところは大丈夫かな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。