2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
性格を変えてみる話①
あなたはどんな性格ですか? 

自分の性格を好きですか? 

どうすれば性格って変えられますか? 

本当に変えられますか? 




さて、あなたはあなたの性格で直したいところはありますか?

どこを直したいですか?



たとえば

思うように物事が進まない時。

何をやっても思い通りにならない時。

他人がうらやましくなる時。



そう、そういう時。

自分も性格を変えればプラスに働いてうまくいくんじゃないかと思う。

そもそも、うまく事が運ばないのは自分の性格が悪いせいじゃないかと思う。

性格を直せばうまくいくんじゃないかと思う。

そう、思っていませんか?


「あんなに明るい性格だったら私もモテるのに」

「あれだけ前向きになれたら仕事もうまくいくだろうなあ」



そう思うこともしばしばあるのでは?

では最初に伝えておきます。

もしあなたがある程度の大人なら


性格は直そうと思っても直りません。


なぜなら

あなたの性格は何年もかかって創られてきたものだからです。

あなたの頭にも体にもしっかりと記憶されているのです。

そんなに簡単に別の人間に生まれ変われるわけがありません。


そして何よりもここが重要です。


性格を直そうとすることで、直したいと思っている性格をかえって強化していくのです。


そう。弓の弦が元に戻るように。


たとえば

「消極的な自分を積極的な性格に変えたい」

と思っているとします。

そのときにまず意識に上るのは「消極的な自分」です。


「こんな性格ではなくて、積極的な性格になるんだ」と言い聞かせたとしても、

あなたに刻み込まれるのは本当は直したいはずの「消極的な性格」なのです。

あなたは自分にダメ出しをしている。


「今の自分はダメな自分だ」というイメージ。

そう。イメージが重要です。




「イメージだ。」「イメージ。」


「自分はダメな人間だ」と自分に言いきかせるイメージ。


これを続けるとほとんどが失敗して、余計に落ち込んでしまうという悪循環に入ってしまうのです。



それでは、性格を直したいとき

どうすればいいのでしょう?



それはつづきで話します。





もし、自分の力を信じてくれる人がいたら?

もし、あなたを信じて背中を押してくれる人がいたら?

もし、あなたを信頼してあなたのすることを見守って応援してくれる人がいたら?





性格を直したいあなたに必要なのは、性格を直すことではありません。

まずはどんな性格でも受け入れることです。



マラソンのコーチを想像してください。

選手がどんな状態で走っていようと選手を信じて「がんばれ!」と心からの温かい声援を送っています。




このマラソンのコーチのようなコーチングが

性格を変えたいと思っているあなたには

必要なのです。






コーチングとは問いかけに対して答えを見つけていくことです。

話をよく聴いてもらうこととは違います。



コーチングとは、自分の力を信じてかかわってもらうことです。


コーチングのベースは(”The client is naturally creative, resourceful and the whole.”)という考えです。

コーチは相手が力を持っている存在であると信じてかかわります。





もし、あなたに一人でも自分の力を信じてかかわり続けてくれる人がいたらどうでしょう? 

これまでにも親や先生、上司からそんなかかわりを受けたことがあるかもしれません。

人生をマラソンにたとえれば、あなたが走る横で常に声援を送ってくれる人がいるようなものです。

それはあなたを勇気づけてくれるでしょう。




周りの人にコーチングの期待ができない人はそれでもかまいません。

まずはあなたが自分自身のコーチになってあげることから始めましょう。




たとえば

毎晩小さなことでいいので今日1日でうまくいったこと、うまくできたことをノートに書いてみてください。

当たり前だと思うことでかまいません。



自分にダメ出しではなく、力づけるメッセージを与えてあげるのです。



「イメージです。」「イメージ。」



●自分のできなかったことではなく、できたことに焦点を当てる。

●自分の嫌いなところではなく、好きなことに焦点を当てる。



そんなことを続けていくうちに少しずつあなたの性格は変わり始めます。



これまでマイナス面しか見ていなかった性格のプラス面に焦点を当てるのです。



どんな性格でも裏と表があります。

自分の性格を嫌っているときは裏ばかりが目立ちますが、それを受け入れると表が目立ってきます。




あなたはあなた自身が力を持っている存在であると

信じてあなたにかかわるのです。



■ 自分の力を信じる


■ 毎晩うまくいったこと・できたことをノートに書く




性格を直したいという人は

ぜひやってみてください!




あーたこ焼き食べたい。ね?オーランド?

お腹こわすよ?




Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。