2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沈まぬ太陽
沈まぬ太陽。

昭和の激動時代

高度成長期を支えた男の生き方を軸に

日航機事故のリアルさを肉付けし

政官癒着と贈収賄を絡ませた

日本におけるサラリーマンの悲哀を描いた作品である

強い男がいて

切れる男がいる

耐える男がいて

騙す男がいる

翻弄する男がいて

妬む男がいる

陥れる男がいて

冷静な男がいる

弱い男がいて

豹変する男がいる

そんな男の生き様を家庭の一員という側面からも捉え

社会の歪みの中で信念を貫くことの難しさを表現している

原作:山崎豊子

監督:若松節朗

脚本:西岡琢也

主演:渡辺謙


欲を言えばもうひと踏ん張りほしかった感が残る

4時間になっても(諸事情が許さないんだろうと察するが)

ストーリーの軸を掘り下げてほしかった

ボリュームがありすぎてまとめるのに苦労したのだろうが

焦点がぼやけてしまったのは否めない

内容を詰め込んでいるので飽きさせずにラストまで引っ張れるし

中盤でインターミッションを挟んでいることもあり

長さを全く感じさせない仕上がりになっている

エンディングで流れる福原美穂の「Cry No More」がとてもいい

聴いているとストーリーが出演者とスクランブルするようで

久しぶりに心の奥にストンと落ちていく曲に出会った
スポンサーサイト
私の中のあなた
20090724004fl00004viewrsz150x.jpg
私の中のあなた

【評価】lovecoPUDDINGlovecoPUDDINGlovecoPUDDINGlovecoPUDDINGプリン4
なかなか見ごたえがあり仕上がりがいいので
映画館に足を運んでも損はしない作品
特にみたい映画がない方にはおすすめします
ただレンタルDVDがでるまで待ってTVでみても
映画館で得られる感動とくらべてほとんどそん色はない気がしますね
≪画面が大きくても小さくても変わりないという意味ね≫

続きは↓のmoreからどうぞ ※ねたばれ注意【あらすじ&レヴュー】

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。